■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■xdiffのインストール

PHPのdiff関数、xdiffのインストールメモ。

OSはCentOS5、phpはyumでインストールした5.1.6。

http://www.wikidot.org/doc:centos-howto

このページではインストールした後にモジュールの指定を
php.iniに書き込まなければならないようなことを書いてあるが、
その必要はなし。

libxdiffのインストールについてはこちら
http://www.navioo.com/php/docs/ref.xdiff.php

サンプルでconfigureの前にphpizeを打っていたのでまねをしたらエラー。
モジュールのソース内にconfig.m4が無いのが原因らしいが、
解決方法がわからなかったのでphpizeをせずにconfigure & make & make install。

phpizeは、恐らくphpの環境設定をconfigureに反映させるためのコマンドで、
phpizeでエラーが出れば最悪自分でパラメーターを設定すればよい。

んで結局デフォルトのままで全て成功。無事xdiff関数が使えるようになる。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

systemadmin

Author:systemadmin
files2cloud.com

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。